HIS BLOG IS GONE

は?飲んで書いてるし

圧倒的な謎と恐怖

中学時代、例えばヤンキーなんか全く怖くなかった俺だが、唯一、「怖い!」と思った同級生がいた。西という男だ。薬局屋の息子で、いつも一人で校舎の裏で雑草を観察していた。

部活でスポーツに励む子、将来を見据えて勉学に勤しむ子、ただひたすらにモラトリアムを貪る子、それこそヤンキーとしてイキる子、いろんなヤツと遊んできたが、そんなヤツらと比較しても西の異常さは際立っていた。

ある日、いつものように昼休憩に雑草を観察していた西を発見し、なんとなく面白そうなので、なんとなく声をかけてみた。「おう!いつもなにをしてんねや?」

すると、そんな俺の声が聞こえたのか聞こえなかったのか、西は「これは傷口に塗れば良いんだ…」と言って引っこ抜いた草を凝視していた。

ホンマかいなと思いつつも、お〜!さすが薬局の息子やな!と言った俺。

そんな俺に目線もくれず、次に西が呟いた言葉に俺は心底、恐怖した。

『割れ目に沿って包丁を入れて真っ二つ。女性の尻』

俺は、全速力で走って逃げた。

言葉には言い表すことのできない、得体の知れないなんとも嫌な感じ。ゾッとしてヒッと声が出た。

『割れ目に沿って包丁を入れて真っ二つ。女性の尻』…なんとサイコな響きであろうか。

そんな恐ろしい倒置法を耳にしたのは後にも先にもあの瞬間だけである。

本当にどういう意味だったんだろうか。まず文脈的にも意味不明だし、社会通念から大きく外れた性的倒錯を感じる。

雑草と何か関係があったのか?いやでも『割れ目に沿って包丁を入れて真っ二つ。女性の尻』が花言葉の植物なんて無いよな?w

例えば、ヤンキーの先輩に「金、貸してくれや!タバコ買うからよ!」と言われても、

「ああ、タバコを吸いたいが金が無いので僕にたかっているんだな。そして断れば殴るだろうし、貸した金も99,9%返してもらえないだろうな〜」

と、理解できる。

教師に「お前、このままじゃどこの高校にもいけないぞ」と言われても、「ああやっぱり僕の知能でいける高校なんてないんだな〜」

と、理解できる。

そう。理解ができる って、言わば大きな安心なのである。

しかし、あの瞬間、確かに俺の安心は消し飛んだ。終始、安心しきった緊張感のない中学三年間であったが、あの瞬間だけはただひたすらに恐怖を感じた。マラソン大会を誰よりも不真面目にダラダラ走った、そんな俺が本気の全力疾走を選ばざるを得なかったのである。

その後も校舎の裏で雑草を片手にぶつぶつ言ってる西を何度も見かけたが、二度と声をかける事はしなかった。

 

 

追記: 思い出したが、西は小学3年生の頃、クラスのガキ大将を喧嘩で負かしたことがあった。無表情のまま無言で躊躇なく相手の鼻を殴りつける、子供らしからぬ戦法だったのを記憶している。

あと、わりと勉強はできたな。メガネくんだったし。

な?めちゃくちゃ怖いやつだろ?西。

 

誰か持ってたら3000円くらいで譲って下さい

30年もの間、かなり朧げながらも、しかしけして忘れ去ることはなかった、ある小さな記憶と疑問。

結局はそれともう一度出会うことなく、たぶん俺は死んでゆくのであろうという予感があったのだが、

昨夜、睡眠時間を削った執念のネットサーフの末に、とうとう、突き止めてしまった!

検索すりゃ大体の調べものはすぐに発見できてしまう超文明の利器インターネット。それを駆使しても、突き止めるのに本当に、マジで、ガチで苦労した。自分の朧げな記憶を唯一のヒントとし、必死で検索した。明日も仕事なのにほぼ徹夜だバカヤロー!

その結果、とうとう見つけた。30年間ずっと知りたかった真実が閉じ込められているであろう物。それを見つけてしまった。

深夜3:30に「ああああああーー!!たぶんこれやー!!」と叫んでしまった。

f:id:voeeee:20210420122139j:image

ヤフーオークションより。

そう、大昔のコミックボンボンである。詳しくは

コミックボンボン1992年夏休みジャンボ増刊号』である。

俺はこの中に収められている、くにおくん(時代劇だよ!全員集合!)の読み切り漫画をもう一度読みたいのだ。なんでそんなに読みたいかの理由については割愛する。話せば長くなるし、ぶっちゃけ大した理由なんてないから。

しかし、困ったことに落札は終わっており、しかも8750円だってよ。成人4人がスシローで満足出来てしまう額だ。

ちなみにメルカリで検索したら20000円で見つかった。うわーん。値下げ交渉で3000円にならないかなぁ。

 

俺は諦めない。

ここまできたら絶対に確認してやる。

 

追記:ちなみに作者は「おうたごさく」という方で、Wikipediaにもあるが、作品リストにくにおくんが無かったので俺が追加しておいた。Wikipedia編集なんて初めてやったぜ。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/桜多吾作

 

ブログなんてやめたいんだよ。やめ方がわからないんだ。

特に書かなきゃならないこともないけどブログを更新するね。いつも以上に書くことないけど勢いのみでタイピングするね。

ブログなんてな、適当にな、それこそ cfjksghkDVDshdshlhごlhlhklvkljvlsjvlっvsdゔsjgんsjd とかでもいいから適当に打ちこんでな、最後に『公開する』のボタンを押せば、もうそれで1記事なんだよ。そんなクソ記事でも何かの間違いで何人かは閲覧してくれてな、それで数アクセス獲得なんだよ。おちんちんビロ〜ンなんだよ。わかるか?チンカスども。 お?やんのか?俺は強え〜ぞ?少林寺拳法でボコボコにすんぞ。アホがよ。 ごめんネ。

 

それはそうと、コロナっていつ終わるんすかね。まあ、俺なんて万年 自粛生活みたいなもんだからそのへんはまあ問題ないんですけど、マスクがそろそろ鬱陶しい季節だわな。陽気の中でのマスクなんて息苦しくてアカン。

俺みたいなオッサンでも っつーか、俺のようなオッサンだからこそマスクによる肌荒れには気を付けたい。ただでさえ汚いオッサンなのに顔面ブツブツだなんて二足歩行してるだけで通報されちゃうよ。

なので最近は顔にワセリンをすり込んで生活をしている。インターネットでマスクによる肌荒れにはワセリンが効果的!と書かれてあったので実践してみた次第。なるほど、確かに吹き出物はできなくなった。 しかし、ワセリンの塗りすぎで俺の顔面は四六時中テカテカになっちまってる。『群青日和』の時の椎名林檎ぐらいテカテカしてる。テカテカしたオッサンなんて気色悪いものの代名詞だ。俺が幼少の頃、最も忌み嫌ったものの一つだ(?)。

 よ〜〜〜〜し!それでは皆様お待ちかねの『核のゴミ問題』について語ろうか!!

あれは本当に大問題だね。原子力ってのはリサイクルできるエネルギーなんだけど、その際にどうしてもある程度の高レベル放射性廃棄物が出ちゃうもんなんだ。それはどうしようのないもので、もう ものすごく深い土の中に埋めるしかないんだって。地層処分ってやつだよ。さらにその廃棄物が無害化するには、驚くなかれ10万年もかかるんだってさ。10万年だよ。10万年も深い地面の底で寝かせとかなきゃならないんだ。よ〜し、じゃあもうこの話はやめていいかな?

てゆーか今日はこれにておしまい。この時点で945文字打ってる。十分だべ。

さてさて、こんなクソ記事でどれくらいのアクセス数か稼げるかね〜。これでいつもより少なかったら落ち込むし、いつもより多くても落ち込む。

ビスケット(訂正)

嫁にキャビアの味がするビスケットをもらった。売ってたので買ってきたらしい。バカなのか。

パッケージには、「本品はキャビアの風味を再現したものでキャビアは使われておりません」と印刷されている。いや使われておりませんのか〜い!

という事で、あまり期待しないで食べたが、うん、適度にしょっぱくてまあまあ美味い。悪くはないね。

しかし俺は気づいた。よく考えたら俺はキャビアの味を知らない。人生で2回くらいしか食べたことがないので正直よくわからないのだ。「なんかしょっぱかったような気がする」程度の記憶しかない。だからそのビスケットに正当な評価ができないのである。

なので、そのビスケットを俺の代わりに嫁に食べてもらい、どれほどキャビアの味が再現されているものなのか判定してもらおうと思ったのだが、なんと嫁もキャビアの味をよく知らないという。

じゃあなんでこんなもん買ってきたんや!?それなりに美味かったという感想で終わっちまうじゃねーか!醍醐味はいかにキャビアの味を再現できているかだろうに。

おいおい、マジでどうしたらいいんだ。俺たちはどうしたらいいんだ。誰か助けてくれ。

ちなみに嫁さん、「フォアグラ味と迷った」らしいが

いや、俺たちフォアグラもわかんねーだろ!!

--------------

f:id:voeeee:20210413231856j:image

パソコンの修理費などが嵩んだせいで地味に金欠気味で、色々と我慢した結果、安い中古CDを適当に買った。ざっくりいうなら邦楽名盤だな。どれもかなり評価が高く、様々なランキングで上位だったりする4枚。たまにはこういうディグもいいだろう。

スピッツ『名前をつけてやる』、電気グルーヴ『A』、中村一義『金字塔』、Shing02『緑黄色人種』。実はどれもちゃんと聴いたことなかったんだ。

俺はこれら名盤を今更ながら聴き、さも昔から知ってましたよ!みたいに振る舞います。あ〜あれね!当時は衝撃だったね!みたいに言います。よろしくお願い致します。

チーズ好きは是非

チーズ専門店に行った。

3日ほど前に夕方の情報番組みたいなので取材されていて、それ見た瞬間に「行きたい!」と思わされた。車で1時間弱だけど結構な田舎にあり、良い天気にドライブついでで行くにはちょうど良い距離と場所だった。我々のほかにも、同番組を見たとおぼしき客がけっこう来ていた。

『コパン・ドゥ・フロマージュ』というお店で、日本で唯一人のチーズ洗練士の資格を持つ方がやられてるお店であります。チーズ洗練士とはスパイスやハーブなど様々な食材を使い、ナチュラルチーズにひと手間かけてより美味しく変身させる技術者のこと、らしいです。

f:id:voeeee:20210411203821j:image

今回買ったのはこの3つ。湯浅醤油とか、金柑を使い仕上げたチーズたちであります。なんと珍しい。

どれも半笑いになるほど美味く、ほかの種類もぜひ食べてみたいと思わされました。また行こうっと♪

チーズ好きは絶対に行くべきお店です。

Copain de Fromage(コパン・ドゥ・フロマージュ)|和歌山|ナチュラルチーズ専門店

 

 

うわあ、すごくマトモな記事書いちゃたな。15年以上ブログ続けてて今回のが一番マトモっつーか、実に普通のブログっぽいな。「♪」なんて初めて使ったわ。反省。

よっしゃ!次回はその反動という事で、近年稀にみる圧倒的アンチモラルな最低最悪の記事を書くので、チビッコは大集合してくれ!

ちりんちりん

結論から言うと今日もほんとにしょうもない記事を書こうと思う。しかしそれはあなたたちにとって、おそらくしょうもない事なのであろうという俺の推測であり、実際、僕にとってはどうしても書き記しておきたい事なのである。これからもずっと俺の俺による俺のためのブログなのです。

 

前置きはいいや。

今日は思い出し笑いの日であった。なにがそんなにジワジワと面白かったのかというと…

皆さんもご存知の『ストリートファイターⅡ』と言うゲームだが、あのゲームは俺が小学生の頃に本当にブームになりまして、正直、友達の中でやってない奴なんていなかったんじゃないか?というくらい、とにかくみんなストⅡをやっていました。

で、1993年くらいに、予選から含めると20万人くらいのストⅡプレイヤーが参加した全国大会がありまして、たしかテレビで放送されたりもして、かなり話題にもなってたと記憶している。

なにせ20万人である。すごすぎる。予選通過者だけでも8000人もいたそうな。決勝トーナメントは国技館で行われ、そんな激戦を勝ち抜いた優勝者は当時中学2年生の男子だったそうな。20万人の頂点だ。

で、ここからが個人的にジワジワ笑えるんだけど、それほどの超大規模の大会の優勝者にもかかわらず、賞品は自転車だったそうな。自転車が一台だけ。20万人の頂点に立ったのに、もらえたのが、自転車、一台だけ。

今でこそゲームも世界大会だとか(e-sportsってのもあるよね)バリバリに開催されてて、プロのゲーマーとして成功できれば賞金なんかもかなりもらえるらしいが、20万人の頂点でチャリンコ一台だぜ?

CAPCOMのロゴが入ったチャリンコ一台だけだぜ?

いや、商店街の福引き(3等くらいかな?)じゃねーんだから。

 

えっ、この話、ジワジワきてるのって俺だけなのかな…。 だとしたら、なんか、ごめんな。

俺を納得、もしくは感心させてくれ

ほんとうにアホみたいな疑問があるんですけど‥。

スピッツの『名前をつけてやる』ってアルバムをAmazonで検索すると、

f:id:voeeee:20210407000752j:image

そのアルバムと一緒に『電マ』もヒットするんです。そう、あのAVとかで大活躍の、あの電マです。短時間でイカせるやつです。(コレ、本来はアダルトグッズじゃないんですけど、まあ、そういう認識で使われてますよね

で、メルカリで同じように検索した場合どうなるかというと‥‥

f:id:voeeee:20210407000943j:image

ほら。今度は『ピンクローター』が引っかかるんですね。

これらは一体、何がどうなった結果の現象なんですかね。

最初こそ「わはは、なんでやねん」と笑ってたんですけど、夜になって、寝る時間になって、電気消して、布団に入って、しばらくしてから

「いや、ホンマになんでなん!?」

と跳ね起きてしまいました。地味にめちゃくちゃ気になるわ。

俺が何か勘違いしてる、もしくは、何かそういう(?)俺が知らないだけのわりと有名な何かがあるんですか? 

それとも、深く考える必要のない意味不明な偶然?

なんかモヤモヤするわ。